江戸川区 葛飾区 婦人科 東京の婦人科 ガン検診 不妊相談 更年期障害 妊婦検診 小岩レディースクリニック


 
  • HOME
  • お知らせ
  • 医師の紹介
  • クリニック案内
  • 初診の方へ
  • 診療案内
  • 地図・アクセス

3D4Dエコー

Contents
Contents
Mobile Site

お腹の赤ちゃんが動くところがリアルタイムで見られます。

お腹の赤ちゃんが動く所がリアルタイムで見られます。

赤ちゃんがパパ似なのか?ママ似なのか?
生まれてくる日が待ち遠しいものですが、顔が分かればもっともっと楽しみだと思いませんか?
大切なアルバムの1ページ目に「お腹の中の赤ちゃんの写真」を飾ることができます。指しゃぶりをしていたり、あくびをしたり、頭を掻いていたり・・・。お腹の中でも赤ちゃんは本当にたくさん動いています。

当院では3D・4D超音波エコーにより胎児の診断・撮影を行っております。

3Dエコーとは3次元超音波の事。つまり超音波でお腹の中の赤ちゃんを立体的な映像で見る事ができる、画期的な技術です。

また、4Dエコーとは専用に開発されたプローブを用い、プローブを動かすことなく、体内の横断面、縦横面、平行面の3つの直交断面をリアルタイムにスキャンし、3次元画像を動画で表示する機能です。1秒間に最大30枚もの3次元画像を表現でき、胎児の動き(あくびや指しゃぶりなど)を鮮明に表現できます。
指をしゃぶっているところ、あくびをしたり頭を掻いているところをリアルタイムで見ることができます。

PAGE TOP

3D4Dエコー(超音波診断装置)

3D4Dエコー(超音波診断装置)

3D4Dエコーは、優れた解像度による鮮明な画で高い信頼をえています。近年は断層画像上に血流速を同時に表示するカラードプラ搭載の超音波診断装置も発売し、さらに3D画像表示、4D画像(リアルタイム3D)表示やパノラマ表示などの新技術も加わり、利用分野はさらに拡がっています。

正確・確実性の高い診断をサポートする高精彩な画像を描出
広帯域をカバーする多周波対応プローブが微細な部位も高精彩に描出します。カラーモード、パワーモードでは血管・血流を鮮明にとらえ、パルスドプラモードによる血流動態評価も可能です。
3次元画像表示やワイドスキャンによる新たなコミュニケーション
3次元表示(オプション)により、これまでとは異なる視点からの観察を可能としています。
また、ワイドスキャン(オプション)により、最大60cmの広範囲な画像表示も可能です。
充実した管理機能により日常診療をサポート
成長曲線画面、産科レポート画面、RI、PI標準曲線、キャリパー計測など充実した計測・胎児管理機能を備えています。また、画像管理機能(オプション)を用いての静止画像・動画像の収集・管理が可能です。

ご質問、ご相談などございましたらお気軽にお話下さい。

PAGE TOP