江戸川区 葛飾区 婦人科 東京の婦人科 ガン検診 不妊相談 更年期障害 妊婦検診 小岩レディースクリニック


 
  • HOME
  • お知らせ
  • 医師の紹介
  • クリニック案内
  • 初診の方へ
  • 診療案内
  • 地図・アクセス

子宮内膜症

Contents
Contents
Mobile Site

子宮内膜症

子宮内膜症とは?

子宮の内側は「子宮内膜(しきゅうないまく)」という組織で覆われています。子宮内膜の厚さは女性ホルモンの影響を受けて周期的に変化しており、1ヶ月に1回厚くなったものがはがれ落ちる現象が「月経」です。
本来子宮の内側にあるべき子宮内膜が、子宮の外(腹膜、卵巣、卵管、腸など)に存在し、月経のように出血を繰り返すことで子宮とその周辺臓器のゆ着を引き起こし、様々な症状を現すのが「子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)」です。また、子宮の筋肉内に病変があるものは「子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)」といいます。
子宮内膜症の起こる原因は現在までのところ明らかになっていませんが、閉経後の女性ではこの病気はみられないことから、女性ホルモンの1種であるエストロゲンが大きな影響を及ぼしていると考えられています。
※「子宮腺筋症」の症状、診断、治療などについては「子宮内膜症」とほぼ同じです。

子宮内膜症の発生部位

子宮内膜症の発生部位

[子宮とその周辺臓器]

子宮内膜症の症状

子宮内膜症のおもな症状は、「疼痛(とうつう)」と「不妊」です。
子宮内膜症における疼痛は、月経時の下腹部痛のほかに、性交や排便のときにもみられます。また、月経時以外に下腹部痛や腰痛がみられることもあります。
不妊との関係については、子宮内膜症の患者さんの30~40%が不妊であり、逆に不妊の女性の約50%に子宮内膜症が存在するといわれています。このように、子宮内膜症と不妊は深い関係があります。
これらのほかに、出血量が非常に多い過多月経や不正出血などの「月経異常」が起こることもあります。

子宮内膜症の症状

子宮内膜症の検査

子宮内膜症の検査

子宮内膜症の疑いがある場合には、必要に応じて次のような検査が行われます。

● 問診
どのようなときに、どのような症状があるのかを質問します。 (例えば、月経のときに下腹部痛がないかなど)
● 内診、直腸診
お腹の中のゆ着の状態などを調べます。
● 血液検査
子宮内膜症の場合、CA-125といわれる物質が血液中に増えることがあるので、これを測定します。
● 画像診断
超音波やMRIとよばれる機械により、お腹の中の状態を撮影します。とくに、卵巣の病変の診断に有効な方法です。
● 腹腔鏡(ふくくうきょう)
お腹に小さな穴をあけ細長い器具(腹腔鏡)を入れて、子宮内膜症の病変がないか、直接見て確認する方法です。この検査中に病変が見つかった場合には、治療が行われることもあります。

子宮内膜症の治療法

子宮内膜症の治療法は、お薬による「薬物療法」と「手術」の2つに大きく分けられます。
子宮内膜症は再発することも少なくない病気なので、手術のあとに薬物療法が行われることもあります。

【薬物療法】

薬物療法

※これらのほかに漢方薬やダナゾールが用いられることもあります。

【手術】

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術

● 腹腔鏡下手術(ふくくうきょうかしゅじゅつ)
腹腔鏡でお腹の中を確認しながら、電気メスやレーザーで病変を焼いたり、卵管などのゆ着をはがします。 疼痛や不妊の原因が子宮内膜症かどうかを正確に診断し、治療するときに行われます。開腹手術よりも身体への負担が軽く、入院期間も短くなります。
● 開腹手術
お腹の中のゆ着が激しいときや月経時などの疼痛が非常に強いとき、再発を繰り返すときに行われます。子供を作る予定がない人では、子宮と卵巣を摘出することもあります。
PAGE TOP